特定小電力トランシーバーを使いましょう、

特定小電力トランシーバーって何?

特定小電力トランシーバーってご存じですか?
一般的な日常生活を送っていると知る機会は少ないかもしれませんが、レジャーやサバイバルゲーム、緊急性の低い業務などで使用されているトランシーバーのことです。
よく、イベント会場や大きめのレストランなどで、スタッフがトランシーバーで通信しているのを目にしますが、あれも、特定小電力トランシーバーを利用している事が多々あります。

 

特定小電力トランシーバーの正式名称は、無線電話用特定小電力無線局。
何種類もある無線局の中野、特定小電力無線局と呼ばれるものの一種で、通信に400MHz帯を使用し、比較的短い距離の間で音声通信を行うための無線機です。
使用する際に資格がいらず、機器事態が比較的安価なため、アマチュアの間に広く浸透しています。

 

免許のいらない特定小電力トランシーバーは、レジャーや業務など、幅広い場所で活用されているのですが、空中線の電力が最大10mWなので、あまり遠距離の相手とは通信できないこと、その手軽さから多くの使用者が周波数を共用しているせいで、通信を行いたいときにチャネルがいっぱいで通信できない可能性があること、通信の秘匿性が他の業務無線より低いこと、などのデメリットから、緊急性の高い場面ではあまり使用されません。

 

それでも、アマチュアがちょっとした業務やレジャーで使用するには必要不可欠な特定小電力トランシーバー。
その特徴や使い方を理解することで、よりレジャーの楽しみを広げることができるようになります。

特別

特定小電力トランシーバー(業務用)のことなら
トランシーバー・インカムが激安価格でご紹介しております。

 

デジタル簡易無線のことならこちら
免許申請タイプおよび登録局申請対応のデジタル簡易無線を取扱ます。

 

スタンダードの無線機の詳細はこちら
八重洲無線のスタンダード無線機をご紹介しております